スキーバスの魅力とは何か

スキーバスはいつごろからあるでしょうか。


古くは1970年台位からスキーツアー用のバスが出てきています。
ただ、当時は今よりも高速道路が少なかったため、あまり短時間で目的地に行くことができませんでした。

しかし、高速道路は発展してきて多くのバスが高速道路を走るようになったのです。

これにより、スキーバスはより高速に目的地に到着することができるようになったのです。

スキーバスは、スキー客を乗せて走りますが、常にライバルがいる状態です。

そのライバルは鉄道です。
鉄道の魅力は、時間通りに発車し、時間通りに到着することです。


スキーバスの場合には、一般道や高速道路を走っているため、時には渋滞に巻き込まれることもあります。

つまり、時間の正確さだけでライバルに勝つことは難しいのです。
そこで、料金を安くするという方法で差別化を図ることにします。
つまり、鉄道よりも安く往復できるようにすることでより魅力的な交通手段になったのです。そのおかげで現在では多くのバスが走ることになり、どこのスキー場に行くにしても大抵はバスがあります。ただ、最近はバスの快適さをやや犠牲にして安い料金で走ることに疑問を感じているバス会社があり、豪華さを売りにしているバス会社も少なくありません。

日本経済新聞に関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

例えば、従来のように3列シートにして快適性の向上させながら飲み物などのサービスを充実させていく方向です。

日帰りスキーの知識を増やしてみませんか。

しかも、シートを飛行機のファーストクラスのような豪華なタイプに変えることで、今までに取り込めなかった客層を取り込むことに成功しています。